映画館で見るときには感じないのですが、DVDなどで家で映画を楽しむ時にいつも悩むことがあります。 再生中のモニターテレビの音量をどのくらいあげたら良いか、ということです。 役者の台詞を聞き取るためには、ある程度音量を上げますよね。 でも、そのまま盛り上がるシーンや驚きの展開などに差し掛かると、バーンとBGMや効果音が大音量で流れてとてもびっくりするのです。 洋画の場合は字幕を出してみるので、その問題はほとんどありません。 問題は邦画なのです。日本語での台詞を聞きながら、日本語の字幕を見ると情報過多でこちらの脳が処理しきれなくなり大変です。 そこで、あるひとつの解決法に辿り着きました。 ヘッドホンを付けることです。こうすれば、小さい音にしておいても、台詞はほぼ完ぺきに聞きとれます。 ただ、この方法はひとりきりで鑑賞するときにしか使えない、というまた新たな問題が発生します。 ホームシアターの音響機器を揃えれば、その問題も解決できるかもしれません。